│  トップページ   │  料金表   │  安いわけ   │  お問合せ   │ 
トップページ
らくらく発送代行とは
料金表
安く発送できる理由

店舗概要
個人情報保護
お問合せ

株式会社メディアボックス

〒470-0164 愛知県愛知郡
東郷町三ツ池4丁目5−2
TEL.0561-37-2027
FAX.0561-37-1811
営業時間/9:00〜18:00 
休日/土日祝祭日
E-mail info@postjp.com






1:5の法則」というのをご存知ですか?

新規顧客に販売するコストは既存顧客に商品を販売するコストの 5倍かかるという法則です。

例えば、ダイレクトメールを1万件出した場合を考えるとあ

   新規開拓で出した場合:3件 注文があるとすると 

   既存顧客に出した場合:15件 注文があるということです。

しかし、最近では 1:5 ではなく 1:10あるいは1:25 と言う話も良く聞きます。

それだけ、起業家にとっては既存客が少ないので大変だということjになります。

業種、業態の個々の違いはありますが、既存客にアプローチした方が
販売コストは少なくてすみます。

その、既存顧客に販売したり、紹介してもらうツールとして、ダイレクトメールが、
力を発揮します。


 
     
     
 
 
顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善されるという法則です。

当社の通販会社の社長さんのお話ですが、既存顧客に何もアプローチをしないと
1年で40パーセントのお客さんが、失われたそうです

いかに、既存顧客をつなぎとめ、リピートして頂くことが、儲かる会社と儲からない会社
あるいは、生き残る会社と潰れていく会社の分かれ目になっていると言っても、
言いすぎではないようです。

そして、 既存客に忘れられないように、より良好な接触頻度を増やすツールと
して、定期的に出すダイレクトメールは有効です。



 
     
     
 
 
これはハインリッヒの法則です。

米国のハインリッヒ氏が労働災害の発生確率の分析したもので、保険会社の
経営に役立てられています。

それによると1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、
その裏にはケガはないがひやっとした300件の体験があるというものです。

現在はビジネスにおける失敗発生率としても活用されてています。

例えば1件の大失敗の裏には29件の顧客から寄せられたクレーム、苦情で
明らかになった失敗があり、さらにその裏には、300件の社員が「しまった」と
思っているが、外部の苦情がないため見逃しているケース、つまり認識された
潜在的失敗が必ず存在するという具合です。

この小さな失敗を見つけ、減らすにも、ダイレクトメールを工夫して問題解決をしている
会社も有ります。

 
     
 



トップページ
価格表らくらく発送代行とは安いわけ
店舗概要個人情報保護お問合せ


Copyright © 2006 メディアボックス All Right Reserved.